乾式レンガ工法とは

オーストラリア生まれの耐震レンガ工法
(Australian brick cladding社製のABCシステム)

Roile Brick Systemは、ABCシステムに、日本の建築経験に基づいた弊社独自の改良を加えたシステム工法です。

本物のレンガを25mmの厚さにスライスし、専用金属レールに はめこんで施工する工法です。

そのため落下や剥離もなく耐震強度も優れています。 施工単価は摘みレンガ工法よりはるかにコストを抑えられ、 工期も短く伝統的レンガ積み仕上げとまったく変わらない美しい仕上がりを演出できます。

在来工法及び2×4工法など、いかなる下地にも対応可能で、リフォームにも適しています。

建物躯体に対して、乾式工法システムの剛性が完全に一体化し、強力な耐震の耐力壁、 耐力補強壁となります。

防火認定番号

PC030BE-0702 木製枠組造外壁(2×4工法)

PC030BE-0691 木製軸組造外壁(在来工法)

乾式レンガ工法施工手順

わかりやすい動画をご用意しました。

※スマホで動画が見られない場合、ベーシック認証を一時的に解除してみてください。

レンガ物語 ※クリックするとPDFがご覧いただけます
お問合せはお気軽に。TEL045-507-6195 WEBからの
お問合せはこちらから